妊娠中、葉酸と一緒に摂りたい成分とは

小さな命を育む大事な時期に必要な栄養は、葉酸だけではありません。葉酸ばかりに目がいってしまい、逆に他の大事な成分が不足してしまっていた、となると母体はもちろん胎児の成長にも悪影響を与えてしまいます。ここでは、葉酸と合わせて飲むことで、さらに妊活中・妊娠中に役立つ栄養をご紹介します。

鉄分

妊娠すると、これまでになかった貧血やたちくらみに悩まされる人が増えます。その原因は、胎児に酸素や栄養を運ぶために血液量が増えるため。血液が増えても赤血球まで同じように増えるわけではありません。すると、鉄分は胎児に優先的に送られてしまうため、母体が鉄分不足に陥ってしまうのです。妊婦本人の健康を守るためにも、積極的に補いたい成分です。

カルシウム

カルシウムは骨や歯など、体の基礎となる骨格を作るために必要な成分です。胎児の体に作るカルシウムが不足すると、母体の骨や歯に蓄積されているカルシウムが溶け出して使われてしまいます。これが、骨粗しょう症の原因にもなってしまいます。そのため、妊娠中は通常の1.5倍のカルシウムを摂取する必要があると言われています。

亜鉛

亜鉛は細胞分裂を繰り返し、成長を促すために大切な成分です。妊娠中に酸っぱいものばかり食べたくなったり、何を食べても美味しくないと感じることがありますが、これは亜鉛不足のサイン。亜鉛が不足すると味覚以上になってしまうため、そのような症状が起きると考えられます。すくすく育つ胎児がどんどん亜鉛を使ってしまうため、妊婦は亜鉛不足になりがちです。積極的に補うようにしましょう。

ビタミンB12

ビタミンB12は葉酸と一緒に働き、細胞の増殖に関わるDNAを合成します。葉酸とビタミンB12、このふたつの成分が補い合って働くため、どちらか一方を摂るだけでは不十分。合わせて補給するようにしましょう。妊娠中のビタミンB12摂取目安量は、1日2.8μgと言われています。

ビタミンC

大人でも必要と言われるビタミンCは、皮膚や骨を丈夫にしたり、免疫力をアップさせるなどの様々な働きがあります。また、鉄分と一緒にビタミンCを摂ると、鉄分の吸収を高める働きがあることもわかっています。妊娠中は特に鉄分が不足しやすいため、鉄分とビタミンCを合わせて摂るようにすると良いでしょう。

乳酸菌

腸内環境を整えてくれることでよく知られている菌ですが、妊娠中にも良い働きがあると言われています。妊婦が乳酸菌を積極的に摂取して腸内環境を整えることで、胎児のアレルギー対策やアトピー対策につながります。さらに、免疫力をアップさせる効果もあるのだとか。胎児のうちからしっかりと腸内環境を整えることが、ゆくゆくの健康にもつながっていくようです。

妊娠中に積極的に摂りたい成分はたくさんありますが、一番大切なのはバランスよく栄養を補うこと。どれかひとつに偏りすぎないよう、妊娠中は普段以上に栄養バランスを考えて摂取することが大切です。妊婦が健康であることが、胎児の健康にもつながります。体重や体調をこまめに確認しながら、毎日の食事を考えましょう。