安全な葉酸サプリを選ぶためにココをチェック!

出所の分からない輸入物や安価すぎるもの、少しでも不安要素がある商品を選ぶのは絶対にNG

特に妊娠初期にたくさんの量の補給が必要と言われる「葉酸」ですが、胎児の成長に大きく関わる栄養分であるだけに、しっかりと安全なものを選びたいところです。もし粗悪な葉酸サプリを摂り続けてしまったら、母体だけでなく胎児にまで悪影響を与えかねません。そこで、安全・安心な葉酸サプリを選ぶために、購入前にぜひココはチェックしておきたい、というポイントをご紹介します。

まずは、輸入品、それも製造元などがはっきりしているかどうかをチェック。輸入品は日本とは規制が異なるため、かなり高濃度な葉酸が含まれている場合があります。しかし、葉酸は摂りすぎてもダメ。妊娠中の葉酸推奨摂取量は約400μgで、上限摂取量は1,000μg。過剰摂取はビタミンB12の欠乏をわかりにくくしてしまうため、適切な摂取量を守ることが大切です。輸入品がすべてNGなわけではありませんが、摂取目安量を守るためには避けた方が無難でしょう。

また、あまりにも安価な葉酸サプリも避けたいところ。何かと出費が多くなる妊娠時、少しでも節約したいという気持ちはわかりますが、驚くほど安価なサプリはそれなりの理由があります。例えば、原材料の質が劣悪だったり、保存料や着色料などの添加物をたっぷり使っていたり…。せっかく葉酸を補っても、それ以上の添加物を摂取してしまっては意味がありません。添加物はアレルギーのリスクを高める危険性があるため、できるだけ摂取は避けたいところ。素材からこだわり、無添加で作られているサプリメントを選ぶ方が良いでしょう。

自分で情報収集した後は、先輩たちの意見を聞いてみるのも良いかも

では、どうやって安全な現場で作られている商品か確認すれば良いでしょうか? まずは、GMP基準を満たしているかどうかを確認してみましょう。GMPとはgood-manufacturing-practiceの略で、「製造段階での人的ミスを最小限に抑えること」「汚染および品質低下を防止すること」「より高度な品質を保証するシステムを設計すること」の3つの基本が掲げられた、医薬品の製造管理および品質に関する規則です。国際基準であるGMP基準工場で作られた商品は、品質管理が徹底された安心の商品と考えて良いでしょう。

次に、原材料一覧をしっかりチェック。先述の着色料や合成香料などの添加物を使用しているものは、できるだけ避けるように。また、何から作られているのかよくわからない◯◯抽出物などが入っているものもやめておいた方が良いでしょう。 そして、放射線物質の残留検査など各種検査を行っているかどうかも確認しましょう。

これから生まれる命のために、毎日飲み続けるサプリメントですから、商品選びはしっかりと慎重に行う必要があります。信頼できるメーカーの商品であるか、そして、飲み続けても間違いのない商品であるか。自分で情報収集を行うのはもちろん、先輩ママさんなど実際に飲んだことのある人の声を聞いて選ぶのも良いかもしれませんね。